• 井本整体フランス支部

ステイホームで夏の準備

春らしい日差しになってきました。

フランスにも意外とたくさん桜があり、毎年この時期になると、

日本を思いながら淡いピンク色の花に癒されます。


先日、知人の女性と道ですれ違い、立ち話をしました。

40代のその女性が、嬉しそうに報告してくれました。


「最近家にいる時間が増えたら、夏に備えて脱毛してるの。

これで夏のプールはばっちりね」。


・・・なるほど。ステイホームを夏の水着姿のために活用するなんて、

ポジティブで楽しそうではありませんか。


フランスのビーチやプールには、何歳になってもビキニで夏を楽しむ女性の姿がほとんど。

おばあちゃんになっても、肩紐の日焼けはしたくないと、紐をずらして日焼けをしています。

日焼けを気にして長袖を来てる人はほとんどいませんので、

郷に入っては郷に従え、私も恥ずかしさを捨ててフレンチスタイルで夏を過ごしています。


ビキニの布も、かなり小さめな方も多いのですが、そうするとお尻と腿の境目が見えます。

プールサイドであたりを見回すと、時々その境目に左右対称で黒ずみがある女性を目にします。


かく言う私も、恥ずかしながらこの黒ずみがありました。

昔はお風呂で一生懸命こすってみたり、クリームを塗ってみたりと色々試しましたが全く効果はなし。

どうせ見えないところだからと、ここ数年はすっかり忘れていたのですが、

先日ふと鏡を見るとこの黒ずみが消えていました。

あんなに何年もあったのに・・・

しかも黒ずみがあった場所がググッと上方向に持ち上がっていて、

以前はお尻の下の方にあったものが、後ろ姿で見えるところまで移動していたのです。


以前、東京本部の講師の先生からお聞きしたことを思い出しました。


「お尻は肺と関係がある」


疲れていた私の体は、肺の負担が肋骨を下げ、そのせいで腰が落ちてしまっていたのか・・・


ここ数年、体操とともに肋骨も上がり、それに連動して腰も持ち上がってきていました。

肺への負担が減り、黒ずみも消え、さらにヒップアップに繋がったようです。


お尻の黒ずみだけではなく、肘や膝にも黒ずみが現れることがありますが、

それは体から出ている負のサイン、ゴシゴシ洗ったり、クリームを塗っても消えないんですね・・・。


さて、黒ずみが消えたからと言って、こちらのマダムやマドモワゼルのように、

お尻が見えそうな小さなビキニを着る勇気はありませんが、

なんだかちょっと夏が楽しみになった出来事でした。


ステイホームも使い方次第、夏の日差しに照らされた知人の女性の弾ける笑顔が楽しみです。