top of page
  • 執筆者の写真井本整体フランス支部

パリセミナーが開催されました

こんにちは、井本整体フランス支部です。


先週末の18日19日、パリ6区のForum104にてパリセミナーが開催されました。

(写真は後日公開いたします!)

以前から続くストライキが収まらず、スイス支部長のジョージ先生も無事パリまで

お越しいただくことができるのかと一抹の不安もありましたが、

ジョージ先生も予定通りにパリに到着され、オランダから島村健作先生も駆けつけてくださり、

過去最多の参加者の皆様にもお越しいただくことができました。


参加者の方々のご職業は様々。

その中でも、健康のために何ができるのかと言うことを模索し続けながら

整体以外の分野で活躍されている方もいらっしゃいます。

そして指導者を中心に一つになった空気の中、

技術、体、心という共通言語を媒体として

井本整体を全身で感じることができる、それがパリセミナーの醍醐味の一つかもしれません。


心身充実した健全な日々を送る、それは全ての人にとっての願いです。

私が井本整体を知って一番よかったと思うことは、

自身の体について不安や心配、迷いがなくなったこと。

いつも元気で飛び跳ねているというわけではありませんが、

不調があったとしても、原因が体の中にあると思うと、

よし、何かしてみよう、そんな身軽さがとても心地よく感じます。


頭が痛い、鼻水が止まらない、疲れやすい、苦しい、最近元気がない・・・

そんな時でも、日々の生活を俯瞰して振り返り、

「あ、最近腕を使いすぎたからかな」

「ちょっと食べ過ぎが続いていたかもしれないな」

「ストレスが溜まっていたかも」

「季節の変わり目だからかな」

「パソコンばっかりで動いてなかったな」

と、反省点が見えてくることがよくあります。


それが見えてくると、

「肋骨を緩めるこの体操をしてみよう」

「肘湯をしてみよう」

「腰を少し強くしてみよう」

など、自分でできる対応策を選んですぐ実行することができます。


もちろん極度に重い症状が出ている時に自己判断は控えますが、

自身の体のコンディションに対する自立、

それが多くの迷いや不安を少なくしてくれる気がします。


そうはいっても、自分では「健康、健康、絶好調!」と思っているのに

いざ指導者の方に操法をしていただくと、

「肩周りのこの肉が・・・ぶよっと・・・」と予想外のカウンターを受けることが(TT)

日々精進しようと思います。


パリでは4月オープンを予定している、日本企業が関係しているお店やレストランなどが

いつくかあるようです。

桜咲くこの時期、フランスにいても新年度のようにワクワクした気持ちになってきますね。

そして26日日曜日は夏時間に変更です!

朝7時だと思って起きたらもう8時、という大変な日。

皆様も時刻合わせをお忘れなく、素敵な3月後半をお過ごしください。









コメント


bottom of page