top of page
  • 執筆者の写真井本整体フランス支部

歯の妖精がやってくる

こんにちは、井本整体フランス支部です。


先日、娘が「上の前歯が抜けた!」と抜けた歯を手のひらに乗せて走ってきました。


私が子供の頃は、歯が抜けると、上の歯は軒下へ、下の歯は屋根の上に投げて

いたように思いますが、こちらでは抜けた歯を枕の下に置いて寝ると、

寝ている間に歯の妖精が回収にきて、代わりに硬貨を置いていく、という慣習があります。


地域や時代によって違うのかもしれませんが、昔はどうやらネズミだった模様。

それがいつの間にやらかわいい妖精に変化しましたが、

硬貨を置いていく、というのは変わらないようです。


夜、いそいそとむき出しの歯を枕の下に置いて娘は寝ました。

ところが妖精の方も、そのことをすっかり忘れて早々と寝てしまいました。


翌朝娘が低めのトーンで「妖精来なかった」と報告。

でも娘はもう7歳、サンタクロースも歯の妖精も目の前の私が担っているということを

完全にわかっています。

「あらあら、妖精さん忙しかったのかしらねー」と言うと、

抜けた歯を差し出して「2ユーロちょうだい」と一言。

え、前回まで1ユーロじゃなかったっけ?!値上げされている!

仕方なく、財布から2ユーロ硬貨を出して、抜けた歯と交換。

妖精が舞うお伽噺な感じはゼロ、ただの取引となりました・・・。


歯といえば、東京本部の伊藤先生が執筆された先日のメールマガジンには

歯ぎしりのことが書いてありました。


「歯ぎしりは肋骨がこわばっている時」


時々歯ぎしりの苦情をいただく私も反省しきりです。

私の母も「もうお父さん歯ぎしりがうるさくて」とよく言っていました。

肋骨や大胸筋などをきちんと緩めることは、

質の良い睡眠には本当に大切なことなんですね。


そんな父、ある日電話で、「なんだか最近歯が痛くてさー。虫歯かなぁー。」と報告が。

・・・でもよーく考えたら、父はほぼ総入れ歯。

残り少ない歯が抜けたらぜひ妖精に来てもらいましょう!


それでは良い週末をお過ごしください。


***************************************************

次回体操ワークショップ:パリ6月1日(木)、オンライン6月3日(土)。

各回ごとにお申込みいただけます。詳しくはこちらから。


2023/24年度初等講座9月新規開講。詳しくはこちらから。





Comments


bottom of page