top of page
  • 執筆者の写真井本整体フランス支部

風邪のあと

こんにちは、井本整体フランス支部です。


二週間ほど前、見事に風邪を引きました。

ちょうどそのちょっと前、ザ・季節の変わり目という感じの気候が続き、

寒暖差が激しく、これは体に堪えるなーと感じていました。

そして9月のドタバタ新年度がようやく一段落してリズムも落ち着き、

ふと気が緩んだ隙を体は見逃しませんでした・・・。


朝起きた時の、ほんの少しの喉のいがいが感、

小さいけれども確実のそこにある節々の痛み、

いつもの勢いはどこへやら、

なんとなくダラダラしていたい・・・


いつもこれが私の風邪のプロローグです。


そして頭痛、熱、咳、鼻水がメインで、

熱が下がって痰が出るようになれば、

やっと終わりが見えてきます。


決して面白い日々ではないのですが、

ところがこのフルコースが終わった後が何気に楽しみなのです。


熱がキュッと上がった翌日は、ちょっとひんやりするぐらい体温が下がっていて、

脱力感がありますが、なんだか体はとってもリフレッシュされた感覚。

そこから焦らず少しずつ力を取り戻していくと、体も軽く視界もすっきりするように感じます。

そして風邪初期の肌のガサガサやくすみはどこへやら、

風邪の後は必ず顔がツルツルになる、というのが私のお気に入りです。


そしてなんというか、立った時にスッと上に伸びるような、

だるい重みを感じることなく、体が指先一本で支えられているのではないかと思うほど

無駄な力が抜けて、関節もゆったりと動くような・・・


そんな感覚を体で感じるのが風邪の醍醐味になっています。


うぅ、この時期に〜とタイミング悪く風邪を引くと、

つい力づくで治したくなってしまいますが、

風邪をひいて一番喜んでいるのは体自身。

体が資本の日々なので、そこはなるべく言うことを聞いて2023年乗り切りたいと思います!


それではà bientôt !






Comentários


bottom of page